うまみも栄養もたっぷりの、魚のアラの調理法

アラは、少し大きめの魚を三枚におろした際に出る、刺身や切り身等に用いられる身の部分以外の、頭や中骨、尾の部分のことです。

少し臭みがあって調理には下ごしらえが必要ですが、うまく調理すれば旨みは身の部分よりも濃厚で、煮物や汁物にすると刺身や切り身では味わえない、深い味わいが出てきます。



しかも、切り身などよりもずっと安く売っているので、給料日前に家族に美味しいものを食べさせたい時などにはうってつけの食材です。
寒い冬は、ブリのアラと大根を甘辛く煮込んだぶり大根が恋しい季節。大根は米のとぎ汁で下茹でし、柔らかくしてから使います。
ブリは熱湯にくぐらせてからよく洗い、しょうがの薄切り、柔らかくなった大根と共に鍋に入れ、酒と醤油とみりんで甘辛く煮つけます。
煮たたせないように気をつけましょう。


またブリの頭にはカマという部位がありますが、脂がのって歯触りもよく、ブリの中で一番美味という人も多いです。

春は、鯛のアラで潮汁が美味しいです。



よく洗ったらグリルで軽く焼き、酒と水と生姜で煮て、薄口しょうゆと塩でシンプルに味付け、仕上げにネギやゆずの皮の千切りなどを散らします。

塩鮭の頭や中骨、ハラス等も大変美味しいものです。
塩鮭ですと、そのまま焼いてもさほど臭みはありません。

頭ではカマの部分もいいですが、軟骨は独特の歯ごたえで氷頭とも呼ばれ、酢の物にすると酒の肴にぴったりです。

ハラスはグリルでさっと焼いてお茶漬けに。
中骨は吸い物にするといいだしがでます。


マグロのアラは栄養豊富。

食べるときに骨に注意する必要がありますが、特に貧血気味の女性には救世主とも言えましょう。


赤い血合いの入ったところを、酒と醤油、生姜やニンニクに一晩漬け込み、ステーキのように焼いていただきます。

厳選したReutersについて詳しく説明しています。

コラーゲンもたっぷりなので美容にも効果がありそうですね。

またマグロの頭には、今話題のDHAやEPAが特に豊富です。