幻の魚アラの楽しみ方

アラ、と言えば魚の粗をイメージされる人が多いでしょうが、実はスズキに似た魚の「アラ」が存在します。
しかも漁獲量が少なく、幻の魚とも言われている魚なのです。

快適な暮らしを実現するための@niftyニュース情報があります。

この魚は新潟県上越地方、愛知沖、九州沖でしか採れない魚で、姿はスズキに似ていますが、スズキよりも頭や目が大きく、胴回りも大きいという特徴があります。体長はおよそ80cmほど。
重さは1キロから4キロ前後になります。

また九州ではクエ、マハタという同じハタ科の魚がおり、しかも九州の方言でアラというので大変紛らわしいですが、クエとは別の魚です。エラブタの部分にトゲがあり、クエやスズキと見分けるにはエラブタの部分を見るそうです。旬は冬。
主に鍋の材料や刺し身にして食べられます。
特に新潟の冷たい海で育ったアラは、身が引き締まり、脂が乗っているので、新鮮な刺し身は鯛よりも上質。

もちろん他の地方で採れても、早い水流を泳ぐために身が引き締まり、体もしっかりしてくるので食べごたえがあります。大相撲九州場所では、ちゃんこ鍋の憧れの具材ともされています。

幻の魚の名の通り、1キロあたり12000円を超える価格がつくので、アラが高級食材であるということが分かります。

希少な魚でもあるので、なかなか一般家庭には出回りませんが、インターネットでなら手に入る場合もあります。



しかし先述したように、クエやマハタと似ているため、悪徳業者が別の魚を送る場合がありますので、信頼できる業者を探して注文しましょう。



脂が乗った高級魚を楽しむのも、冬の楽しみでもありますね。